一般財団法人 阿部 亮 財団 - abe ryofoundation ryozaidan

<こども医療センター>早くも建物の全容が見え始めてきました。

ジャパンハートから活動報告が届きました

<こども医療センター>
屋根や壁の工事が始まったことで、早くも建物の全容が見え始めてきました。乾季には珍しく雨が降る日もありますが、工事は順調に進んでいます。

こども医療センター工事の進捗

工事着工から3ヵ月が経過しました。依然として乾季のカンボジアですが、雨が降る日もあります。
先日建設会社へも確認しましたが、工事の進捗は順調であり、予定通り6月末までには、完成するペースで進んでおります。前回は柱が立ち始めたことをご報告しましたが、この1ヵ月の間に屋根や壁の工事が始まったことで、建物全容が見た目で想像できる状態に変わってきております。

 

屋根の基礎鉄筋と仮壁の工事が開始されました。

コンクリート注入車を見つめる子ども。
「これ、なんのクルマなのかな?」

仮壁剥がし。カンボジア人作業者は高い所でもへっちゃらです。

建物の全容です。

屋根部分へコンクリートを注入している様子です。

屋根部分の工事状況です。

牛も工事状況を見に来ています。

1階部分の基礎壁作り作業です。セメント練りから手作業です。

その他の活動

◆ジャパンハート奨学生事業
ジャパンハートカンボジアの奨学生事業から2名の看護師が誕生しました。
看護学部での4年間のカリキュラムを無事修了し、実務研修を兼ねてAAMC<ジャパンハート こども医療センター>でスタッフ看護師の一員として働き始めています。
看護師として1ヵ月が経過しましたが、いつも嬉しそうな顔をして「看護師として働けてとても嬉しいです」と話しています。カンボジアの医療を担う医療者として、日本人スタッフや先輩カンボジア人看護師から
知識や技術を学び、ますますの成長を期待しています。

 

念願の看護師になりました!

看護師としての日々の業務。これからの成長を期待しています。

◆Dr.小角ミッション
2018年1月6日~8日の3日間、ジャパンハート認定医である小児外科医の小角先生による手術ミッションが行われました。本ミッションはカンボジア人医師の育成を目的として、年数回実施しています。

カンボジア人医師へ技術指導中。

無事にミッション終了、皆で集合写真!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です