aberyo 一般財団法人 阿部 亮 財団 - ryo abe

9月10月の活動報告

9月10月の生徒たちの日本語の成長と
ミャンマーの伝統的なお祭り
(タディンジュ)について

今年の2月から、ミャンマーは
政情不安になっております。
政変により、ミャンマーの地方、
おおよそ22の地域でインターネットが
遮断されています。
その地方の近くの生徒たちの村にも
影響が及んでいます。
電波通信が悪い状態が続いていますが、
授業は何とか出来ています。
尼僧院の子どもたちが4月に村に帰り、
オンライン授業を始めて約5ヶ月が経ちました。
一歩ずつやってきて、現在、
日本語能力N5レベルの内容も
65%まで進みました。

ナンロンが書き練習した漢字の写真です。
楽しく勉強しています。

N5レベル漢字の出題範囲は100ほど
ありますが、55まで教えました。
まだ上手に書けない字もありますが、
読むのは得意なようです。
生徒たちがこれまでの勉強が
理解できたかどうか知るために、
2ヶ月に1回有紀子先生と一緒に作った
日本語能力試験(JLPT)
模擬テストを受けさせています。
9月のテストでナンロンは39点で27点、
ナンスェーぺは39点で26点、
それぞれ取れました。

オンラインテストを受けている時の写真です。
(上段:ナンロン、下段:ナンスェーぺ)

【ナンスェーぺとのお別れ】

2019年6月から日本語の勉強を続けてきた
ナンスェーぺですが、10月から家事や家の農業の
仕事を手伝わなければなくなり、
日本語の勉強を続けるのが難しくなりました。
まじめな生徒なので、いつかまた日本語を
勉強してほしいと思っております。
ナンスェーぺの送別ミーティングです。
ナンスェーぺは有紀子先生と私に
『先生、どうもありがとうございました。』
と感謝の言葉をくれました。
こちらこそ、今まではありがとう、
ナンスェーぺさん!
教える生徒はナンロンだけになりましたが、
ナンロンはいつものように
積極的に勉強しています。
ナンロンの生活や家族などに関連がある文や、
シナリオで文法形式を教えています。
会話練習の時は、有紀子先生と私が
ナンロンの相手になり、練習しています。

【ミャンマーの伝統的なお祭り
『タディンジュ』(光のお祭り)】

ミャンマーで毎年10月に
タディンジュお祭りが行われます。
お祭りは、満月の前日、満月の日、
満月の翌日の三日間です。
お祭りの期間中、若者たちは
両親、教師、年配の親戚に敬意を払い、
果物、お菓子、洋服などの贈り物を提供します。
その代わりに、年配達は若者達に
お小遣いをあげます。
僧侶に敬意を払い、
食べ物を寄付する事もあります。
生徒たちの村でも、お祭りが行われます。
生徒たちはパオ族なので、お祭りの時、
伝統的な洋服を着ています。

  • ナンロン
  • ナンロンのお姉さんとお兄さん
  • ナンロンの甥と姪

僧院にパデェダピン寄付する贈り物と
お金を木みたいに飾ってある物)
を寄付する前の写真です。

  • お祭りの時、ナンロンの家族です。
  • 日常、伝統的の洋服を着ているナンロンの
    お婆さんが授業の時に、様子を見に来ました。
  • ナンロンのお家です。
  • 外の方がネットが繋がりやすいので、
    道のよこで勉強しています。
    向こうにお婆さんのトウモロコシの
    田んぼが見えます。

一日も早くミャンマーに平和が訪れるように。