aberyo 一般財団法人 阿部 亮 財団 - ryo abe

8月から8人の子ども達と日本語の勉強を再開しました。

8月から8人の子ども達と日本語の勉強を再開しました。

5月~9月末まで、ミャンマーは雨季です。
緑に映える学校。
8月からは8人で日本語を勉強します。
日本語の教科書をもらって、子どもたちのモチベーションは
とてもアップ!
ミャンマー人スタッフのタイサンダー先生。
ミャンマー人スタッフのリン先生。
タイサンダー先生もリン先生も、日本語スピーチコンテストで優勝しています。優秀な先生のおかげで、子供たちの日本語はどんどん上達しています。
4カ月半の間に身体も成長した子供たち。
コロナで4月~7月末まで、日本語授業は休みでしたが、日々、復習していた子も。
ミャンマーと日本でリモート打合せ。授業の報告、子供達の様子を伝えてくれます。コミュニケーション能力が高く、頼もしいタイサンダー。
日本の大学でITを学び、ミャンマーの教育を変え、どの環境の子ども達にも教育の機会を与えたいという夢がある努力家のリン。

タイサンダー先生からのメッセージ

『 日本語能力試験 N5 に合格させる』という目標に向かって 、週に2回日本語の授業を行っています。「新日本語の基礎1」という教科書をベースにして教えています。クラスでよくできている子もいればちょっと遅れている子もいます。でも、全員やる気満々で、前向きに頑張っています。チャンミャワディ寺子屋の校長先生も彼女たちのやる気が続くように応援してくださってありがたいです。子供達は去年より日本語の知識が多くなって、より一層頑張っています。日本語の通訳や日本語の先生になりたいと思っている子もでてきました。今教えている日本語の授業は日本語の勉強だけではなく、友達同士で助け合う(チームワーク)や、整理整頓、規則を守る事なども教えています。この一カ月で彼女達の成長が見えるようになってきました。

2020年8月~日本語を勉強している子どもたち

  • ナンアウン
    12歳 中学2年生
  • ナンソー
    12歳 中学1年生
  • ナンスェーペ
    14歳 中学3年生
  • ナンチェリーウィン
    14歳 中学3年生
  • ナンホン
    12歳 中学2年生
  • ナンロン
    14歳 高校1年生
  • ナンヅ
    14歳 中学2年生
  • ナンドン
    16歳 中学3年生

新型コロナウィルスの感染対策により、尼寺での集団生活を避けるため、3月末から子供達も半分以上が村へ戻すことになりました。ヤンゴン市内での感染者もほぼ出なくなった7月中旬頃、校長先生が村に戻った子供達を迎えに行きましたが、各家庭の事情により全員が戻ることは出来ませんでした。日本語の授業は、戻ってきた子供達と授業を再開しましたが、9月2日~新型コロナで再び休止となりました。
【保健・スポーツ省は9月1日、ヤンゴンのティンガンヂュン地区、インセイン地区、北オッカラパ地区、タケタ地区、フライン地区、バズンタウン地区、ミンガラドン地区を対象に自宅待機とする通達を法律に基づく措置として発表。
通達に従わなかった場合は感染症予防管理法に基づき法的措置をとるとしている】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です