aberyo 一般財団法人 阿部 亮 財団 - ryo abe

チャンミャワディ尼寺子屋学校で 日本語を教えるプロジェクトを行っています。

まさに経済発展の途中にあるミャンマー。
今 必要なことは 将来 国の未来を担う子どもたちへの教育です。
しかし、ミャンマーの教育は 暗記授業が中心で、
創造力を養ったり、考える教育はまだ浸透していないのが現状です。
(軍事政権中、考えさせる授業ではなく、暗記教育を推奨していたためと言われています。)
軍事政権時代の教育システムの影響で、音楽や体育など情操教育がまだ進んでいない学校もあります。

阿部 亮財団では、これまで6校の寺子屋学校で日本の文化や四季、歌を伝えてきました。
初めて見る水族館、スカイツリー、満員電車、花火・・・・
日本独特の春夏秋冬の景色、京都の美しい紅葉や、桜舞う風景、真っ白な雪、そして初めて触れる日本語。
遠い外国『日本』に大興奮の子どもたち。
好奇心旺盛なのは、世界共通です。
そこで、建設支援した僧院学校の子どもたちの中で、いつかミャンマー社会で自立したい子どもたちのために、創造力や思考力を培い、さまざまな可能性を広げられるように、『日本語』を教えるプロジェクトをスタートしました。
日本語の習得をメインにするのではなく、日本の様々な教育スタイルを取り入れながら、
子どもたちが、「自分で考える」「人と意見を交わしあえる」「協力し合える」よう成長することを目指します。

2019年1月に学校が完成! チャンミャワディ尼寺子屋学校は、生徒105名のうち 尼の子ども78名が ここで 生活をしていて、 16名が 日本語を学んでいます。

~日本語をまなぶ子どもたちの紹介~

  • なんぼかん

  • なんちょうべ

  • なんまちょ

  • なんろん

  • なんづ

  • なんぷぁーち

  • なんそう

  • なんどん

  • なんあぅん

  • なんれかん

  • なんちぇりーわぃん

  • なんかんべぇ

  • なんしぇべぇ

  • なんげー

  • なんほん

  • なんつぺー